モリンガ

モリンガ

モリンガとは

「生命の木」としてインドやアフリカ等で愛用されているモリンガ。
インド医学「アーユルヴェーダ」では、3000年以上の歴史があり「生命の木」「薬箱の木」と呼ばれ90種類もの栄養素があることで300の病気を予防すると言われています。
おそらく現在知られている植物の中ではモリンガ以上の栄養素を含有している植物は無いと言われています。
葉には豊富なアミノ酸が含まれている為、収穫すると発酵して発熱します。
モリンガは一般栄養素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸では特にγ-アミノ酪酸(ギャバ)とBCAA(イソロイシン、。ロイシン、バリン)が多く含まれています。
※γ-アミノ酪酸(ギャバ) 脳や脊髄に多く存在し、抑制性の神経伝達物質と言われます。血圧上昇抑制、リラックス、肝臓を元気にする働き、ダイエット、糖尿予防に期待されています。
※BCAA(分岐鎖アミノ酸)
筋肉内に多く存在し、タンパク質を増やす働きや運動時のエネルギー源として働く事から燃焼系ダイエット効果が期待されます。
アミノ酸は肝機能を高め、アルコール代謝促進もあると言われます。

15商品

15件 13-15表示
15件 13-15表示